腰部脊柱管狭窄症の診断と治療について

  • ネット診療予約
  • 0798-38-8388

腰部脊柱管狭窄症

backpain

腰部脊柱管狭窄症

backpain

腰部脊柱管狭窄症は中高年の腰・下肢の痛みやしびれ、歩行障害の主要な原因となっている病態です。
脊柱管とは背骨の中の脊髄神経が通っている管で、そこが狭くなることで神経が圧迫を受け、痛みや痺れを生じます。

腰部脊柱管狭窄症の症状

  • 腰痛
  • お尻から足にかけての痛みと痺れ
  • 特に歩くと足に鉛が入ったようにだるくなり、少し休むと楽になる

腰部脊柱管狭窄症の治療

症状の出始めには保存療法(投薬治療)を試しますが、効果がないときには神経ブロック療法を行っています。

この療法にはいくつか種類がありますが、まずは硬膜外ブロックがよいと考えます。
脊髄を覆っているもっとも外にある硬膜の外側の空間(硬膜外腔)に麻酔薬や炎症を抑える薬剤を注入し、障害を受けた神経の血流や圧迫、癒着による神経の炎症を改善させる方法です。

一覧に戻る

Copyright © さかうえクリニック All Rights Reserved.

どんな症状でお悩みですか?

痛みの各種治療法

ネット診療予約

pagetop