神経障害性疼痛の診断と治療について

  • ネット診療予約
  • 0798-38-8388

神経障害性疼痛

neuralgia

神経障害性疼痛

neuralgia

外傷、手術、何らかの病気によって感覚を伝える神経系が傷害されたために痛みが続く場合があり、これを神経障害性疼痛と呼びます。

代表的なものとしては、帯状疱疹の痛み糖尿病性末梢神経障害四肢を切断した後の痛み脳卒中後疼痛複合性局所疼痛症候群などです。

痛みの性質は、様々で「針で刺されるような」「電気が走るような」、「焼けるようなひりひりする」「しびれの強い」「衣類がこすれたり、冷風が当たったりするだけで痛みがでる」「痛みの部位の感覚が低下していたり、過敏になっていたりする」「痛みの部位の皮膚がむくんだり、赤や紫に変色したり」など様々です。

単に「ピリピリ」「チクチク」「ジンジン」する症状のみでは神経障害性疼痛とは判断する事はできません。

また、消炎鎮痛薬が効きにくい痛みだからという理由でも、神経障害性疼痛と判断することは出来ず、痛みの診療に通じた医師が診察・検査し、神経障害と神経障害性疼痛の因果関係を説明出来なければ確定診断する事は出来ません。

神経障害性疼痛は慢性の痛み症状の中でも、重症度が高く、生活への支障度が大きいので、出来るだけ早く診断し治療を始める事が大切です。

治療法としてはプレガバリン、デュロキセチン、トラマドール、ワクチニアウィルス接種家兎皮膚抽出液含有製剤など薬物治療が中心となりますが、症例によっては神経刺激療法や手術療法、神経ブロック治療が有効な場合があります。

Copyright © さかうえクリニック All Rights Reserved.

どんな症状でお悩みですか?

痛みの各種治療法

ネット診療予約

pagetop