頚椎椎間板ヘルニアの診断と治療について

  • ネット診療予約
  • 0798-38-8388

頚椎椎間板ヘルニア

neck

頚椎椎間板ヘルニア

neck

頚椎椎間板ヘルニアは、加齢による変化、スポーツなどによる負荷で頚椎椎間板の髄核が頚部脊柱管内へ脱出することをいいます。
髄核が神経根を圧迫すると頚から肩、上腕から手指への痛み・しびれ症状を生じます、頚椎の動きや位置によって症状を強く感じます。神経根症状が強い場合には激痛で夜間不眠を来すこともあります。

診断と治療

症状、神経学的所見、頚椎MRI検査によってによって診断します。
軽症の場合には非ステロイド性消炎鎮痛薬による保存加療を行いますが、痛み・しびれの強い場合には星状神経節ブロック、腕神経叢ブロック、頚部硬膜外ブロック、超音波ガイド下神経根ブロックなどの神経ブロック治療を行います。

一覧に戻る

Copyright © さかうえクリニック All Rights Reserved.

どんな症状でお悩みですか?

痛みの各種治療法

ネット診療予約

pagetop