頭部・顔面の帯状疱疹の痛みの診断と治療について

  • ネット診療予約
  • 0798-38-8388

頭部・顔面の帯状疱疹の痛み

facialpain

頭部・顔面の帯状疱疹の痛み

facialpain

水痘・帯状疱疹ウィルスが三叉神経痛神経節に潜伏し、加齢やストレス、過労などが引き金となってウィルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウィルスが再活性化し、神経を伝って皮膚に到達し、痛みを伴う小さな水疱として発症します。

顔面に出来る帯状疱疹の80%は片側の前額部(三叉神経一枝領域)にできますが、この時、「鼻の背や鼻の先」に水泡が出来と「眼症状」を伴う事が多く、必ず眼科を受診することが必要です。

また、三叉神経痛神経節以外に顔面神経膝神経節に発症することがあります。(ラムゼイーハント症候群)
外耳道に小水疱が出来た場合、顔面神経麻痺・耳痛・めまい・難聴などが生じる可能性があるため、耳鼻咽喉科を受診する事が必要です。
水疱に対する治療は主に皮膚科で行い、抗ウィルス薬を服用します。

頭部・顔面の帯状疱疹の治療

痛みに対する治療 痛みの性質・強さに応じてアセトアミノフェン・トラマドールなどの鎮痛薬、神経障害性疼痛治療薬が用いられますが、痛みが強い場合には星状神経節ブロックなどの神経ブロック治療を行います。
帯状疱疹の痛みが長引く場合にはご相談ください。

一覧に戻る

Copyright © さかうえクリニック All Rights Reserved.

どんな症状でお悩みですか?

痛みの各種治療法

ネット診療予約

pagetop