薬物の使用過多による頭痛の診断と治療について

  • ネット診療予約
  • 0798-38-8388

薬物の使用過多による頭痛

headache

薬物の使用過多による頭痛

headache

薬物乱用頭痛について

1ヶ月のうち15日以上頭痛があり、定期的に頭痛薬を服用する状態が3ヶ月以上続いている場合、頭痛薬の使いすぎで頭痛症状が悪化している可能性があります。

薬物(頭痛薬)の使用過多による頭痛の特徴

  • 1ヶ月に15日以上頭痛がある
  • 頭痛薬を定期的に3ヶ月以上続けている
  • もともと頭痛もちの方が、市販の鎮痛薬や病院で処方されるトリプタンを服用する事でおきる
  • 頭痛もちでない方が鎮痛薬を連用しても鎮痛薬乱用頭痛にはならない
  • 群発頭痛の方も鎮痛薬連用で薬物乱用頭痛にならないと考えられている

薬物の使用過多による頭痛の治療

片頭痛発作は種々の因子に影響を受けやすいと考えられています。慢性頭痛の診療ガイドラインによれば、

  • 原因となっている鎮痛薬を止める
  • 鎮痛薬の種類を変更する
  • 頭痛予防薬を併用する

が原則です。
連日頭痛がつづくため、ついつい頭痛薬を飲み過ぎてしまう、頭痛薬を服用してもなかなかすっきりしない方は頭痛外来でご相談ください。

一覧に戻る

Copyright © さかうえクリニック All Rights Reserved.

どんな症状でお悩みですか?

痛みの各種治療法

ネット診療予約

pagetop